工事評価点の向上と、職場・労働環境の改善に – 安全を科学し発明する会社として、現場の騒音・ニオイの課題解決など、地域住民との関係構築を行います

MENU

ショルダーでんき・ライデンマスター|NICOpressより

ショルダーでんき・ライデンマスター 2013年12月10日「NICOpress」より

記事内容

内容文

有限会社ユニークは、工事現場のイメージアップにつながる商品を専門に提案する企業として2004年に創業。防災意識が高まる中、同社が開発したLEDライトや太陽光発電商品が反響を呼んでいる。 「工事現場だけでなく、いろいろな分野に販路を広げることができたのは、この2つの商品がきっかけだったと思います」と語る村上社長。 お客様の要望に合わせて性能をパワーアップ  工事現場のイメージアップや環境対策に特化した商品の企画から製造、販売までを行う有限会社ユニーク。さまざまな商品の中でも近年、特に高い評価を得ているのが、リチウムイオンバッテリー採用の充電式LEDライトと、持ち運び可能なソーラーパネルである。  顧客から「道路工事の重機に取り付けられる証明が欲しい」という要望を受け、発売した強力マグネット付きの充電式LEDライトは、工事現場は勿論のこと、シガーライターでも充電できることから東京都の保育園・幼稚園バスの防災用品としても採用され、新たな分野において販売実績を伸ばした。また、東日本大震災の際には電源がない被災地で照明器具として活躍し、福島第一原発の作業工事にも使われている。さらに最新型のタイプは、20Wの明るさで8時間の連続使用が可能。安全性アップのために防爆スイッチを搭載し、豊富なオプションパーツを付けられるようにするなど、「お客様の要望に合わせて、機能や拡張性を高めパワーアップさせています」と村上社長は語る。 <ライデンマスター写真部分> 1台でこの明るさ 最新型の充電式LEDライト「ライデンマスター」は、20Wで連続8時間使用可能。1台でもかなりの明るさがあり、夜間の現場などに最適。三脚などのオプションを付けることで、広範囲から狭い箇所の照射まで多様な使い方ができる。 折りたたんで持ち運べるソーラーパネルを実現  防災用品のニーズが年々高まっていることから、同社は昨年、ショルダーバッグ式で持ち運びができる4面のソーラーパネル「ショルダーでんき」を発売した。大容量モバイルバッテリーを搭載することで20Wの大量発電を実現し、スマートフォンで9台、携帯電話なら16台の充電が可能である。また、充電式LEDライトと組み合わせることで、より緊急・災害時に力を発揮することができる。「実際に2つの商品を納めた京都の災害ボランティアセンターから、9月に起きた水害の際に大変役に立ったと言われました」というように実力が認知され、最近は自治体からの問い合わせも増えているという。 <ショルダーでんき写真部分> 通常はショルダーバッグ、広げると4面のソーラーパネルになる「ショルダーでんき」。最近は、防災対策に取り組む企業などへのレンタルサービスも行っている。 大手企業にも採用され着実に成果を上げる  今年、愛知県内すべてのトヨタ自動車の工場に、作業用の照明として充電式LEDライトが導入されるなど、着実に販路を広げている同社。また、NICOの防災ビジネス研究会に参画し、今年10月に県内企業11社と共同出展した危機管理産業展では、いくつかの大手企業と取引が決まったという。  今後は、海外での販売や製造も視野に入れている村上社長。さらに、新しいバッテリーを開発しようと、今年5月に福島県南相馬市に新会社を創設した。「放電しないバッテリーを作り、世界に出していきたい。このバッテリーを使うことで、当社の商品もまた変わっていけると思います」。常識にとらわれないアイデアと、それを形にする実現力で、日本から世界へと活躍の場は広がっていくだろう。

この記事で紹介されている商品はコチラです。

戻る

いつでもご用命ください TEL 025-201-7441 受付時間:9:00 - 18:00(土・日・祝日除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
copyright © ユニトライク株式会社 All Rights Reserved.